CASE STUDY

IoT for SENSEの導入事例

戸田建設株式会社 ビルメディカルシステム「ユレかんち」

OUTLINE/概要紹介

BUNNYHOP INC.では、戸田建設株式会社と共に、「ビルメディカルシステム」として建物の揺れを検出・分析する地震センサ「ユレかんち」を製作いたしました。

「ユレかんち」は、バニーホップが提供する「IoT for SENSE」を採用しています。地震発生時の加速度データを、リアルタイムでクラウド上に送信し、クラウド上で建物の健全性を分析します。クラウドにデータを集約することで、地震発生直後でも、遠隔で建物の震度情報を含む被災状況を把握できます。製品基盤はRaspberry Piを利用し、小ロットのオリジナル製品でもローコストでの製品化が可能となりました。

kousei

詳細を見る