製品TOP 仕様書

2019.05.01版

印刷する

BSG-TX-TLR製品仕様書

基本情報

本機のご利用には、別途LoRaゲートウェイ「BSG-GW-S」のご用意が必要になります。
詳しくは 「BSG-GW」紹介ページ をご覧ください。

製品概要

型式一覧

型式仕様商品説明
BSG-TX-TLR温湿度、照度、リードスイッチを搭載したLoRa無線センサー

形状

外形図

各部の名称

番号名称説明
温湿度・照度センサー部温湿度センサー、照度センサー
ドアセンサー部ドアセンサー用リードスイッチ
電源スイッチ電源ON/OFF切り替えスイッチ

定格/性能

項目仕様
LPWA920MHz帯 LoRa/FSK変調
搭載センサー温湿度、照度、リードスイッチ
データ送信間隔10分毎
電源CR2032 電池
サイズ(突起部を含まず)45(W) x 90(L) x 12(H) mm
重量(付属品含まず)32g
動作温度-10℃~60℃
動作環境屋内

付属品

  • ドアセンサ用マグネット:1個

利用方法

本機には、あらかじめ工場出荷時に個体ユニークなIDが書き込まれています。製品裏の銘板シールをご確認ください。

電源スイッチ

本機表面の電源スイッチを「ON」にすると、10分に一度センサデータの送信を開始します。(「ON」時に即、初回送信が行われます。)

データ送信の確認

データの収集先によって、LoRaゲートウェイの構成によって異なります。

詳しくは 「BSG-GW」紹介ページ をご覧ください。

クラウドサービスを利用してのデータ収取を行う場合は、当社クラウドサービス 「Bit Rack」 をご覧ください。

無線周波数帯の変更

※下記は必ず無線周波数帯に対する知識のある方が行ってください。無線周波数帯の設定変更による通信不具合についてはサポート対象外となります。

本機は、工場出荷時状態から、無線周波数帯を変更することが可能です。
工場出荷時の設定は下記になります。

DIPスイッチ状態(123456)周波数ARIB STD-T108 単位チャンネル番号
100000920.6MHz24

無線周波数帯は、200KHz単位の15段階で設定できます。周辺で同じ周波数帯が利用されている場合、できるだけ隣接していない周波数を選択することを推奨します。設定は通信対象のLoRaゲートウェイ「BSG-GW-S」と同じ値にする必要があります。

無線周波数帯の変更は製品基板上のDIPスイッチで変更します。

DIPスイッチと無線周波数帯の仕様は下記のとおりです。(OFFを0、ONを1で記載します。)

DIPスイッチ状態(123456)周波数ARIB STD-T108 単位チャンネル番号
000000--
100000920.6MHz24
110000920.8MHz25
111000921.0MHz26
111100921.2MHz27
111110921.4MHz28
111111921.6MHz29
010000921.8MHz30
011000922.0MHz31
011100922.2MHz32
011110922.4MHz33
011111922.6MHz34
001000922.8MHz35
001100923.0MHz36
001110923.2MHz37
001111923.4MHz38