環境センサーによる住宅モニタリングで、省エネ&快適性を向上

自然エネルギーを最大限活用した環境配慮型建築を研究する、東京工業大学の川島 範久博士と共同で、住宅環境省エネシステム「Nudge」を開発しました。

東京工業大学

住宅環境をセンシングして、快適な空調環境を提案する

住宅の内外に、温湿度、風速、窓の開閉などを記録するためのセンサーを取り付け、計測データと、コンピュータによる環境シミュレーションから空調環境を分析し、最適な環境操作を提案します。
例えば、スマートフォンからのエアコン操作の際、屋外に涼しい風が吹いていた場合、窓を開けることを促すメッセージを表示する、といったことが挙げられます。
さらに環境状態に対して、実際に人がどのような行動をするのかを、窓やブラインドの開閉をログ収集することで分析しています。

価格に関しましては個別お見積りいたします。
IoTや製品に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。