マンション共用部の鍵管理コストを軽減

共用部の鍵管理の課題を解決するべく生まれたサービス「nao」。スマートフォン経由で鍵の施錠管理ができるシステムです。

株式会社 共栄通信様

不動産業界や商業施設、オフィスビルにおいて、施錠管理は予想以上に高コストです。それは、鍵という現物が必要なこと、施錠する場所に人が実際に行く必要があることなどが理由です。この課題は、企業の事務所の鍵管理、サービス施設の鍵管理などでも同様です。合鍵を渡すスタッフが増えればセキュリティ面での不安が大きくなりますし、一つの鍵を貸し出す運用も煩雑です。「nao」は鍵管理の課題を解決するべく生まれたサービスで、スマートフォン経由で鍵の施錠管理ができるシステムです。

■スマートフォンで共用部の鍵管理
「nao」は、自動ドアや電気錠に接続すると、インターネット経由でドアの解錠、施錠を可能にするシステムです。naoは、LTE通信(モバイル通信)機能を搭載しているため、ネットワーク工事不要で、インターネット経由での操作が可能になります。利用シーンの例をいくつか紹介します。

・不動産の物件案内
不動産物件の内覧は複数の不動産業者が仲介を行っています。内覧希望者がいれば担当の不動産業者が物件オーナーから鍵を受け取り、現地でオートロックを解錠する、内覧終了後はオーナーに鍵を返却するという運用フローが一般的です。オーナーが不在のために内覧ができないということも珍しくありません。「nao」を賃貸物件のオートロックに設置すれば、リモートからの解錠が可能なため、非常に効率的です。

・関係者通用口の管理
オフィスビル、病院、ホテルなど、夜間は関係者のみ出入りできるような施設ではICカードキーを配布して入退室を管理することが多くあります。「nao」を使えば、高価なICカードキーシステムを導入せずとも、いままでの自動ドアに後付設置するのみで関係者の入退を制限、管理できます。

・工事や保守担当者の入場
休日に施設の保守点検や工事を行うことがあります。通常は、施錠管理のために施設の管理者が現場に立ち会う必要がありますが、「nao」ならリモートからの施錠管理ができます。さらに、一時的に「nao」経由での入退場ができるように有効期限付きゲストアカウントとして業者を登録できます。有効期限を設定できるため、有効期限が過ぎればアカウントは失効します。期限を設定しない場合でも、アカウントを削除すれば以降の利用はできなくなります。

・ゲストハウス、民泊
日本でも民泊が広まる中、一般の家屋や集合住宅の一室をゲストハウスとして提供することがあります。ゲストが到着したタイミングでホストに連絡すると施錠、解錠管理を行うといった運用が可能です。前述の有効期限付きのアカウントとして登録すれば、ゲスト自身で施錠管理することもできます。

集合住宅の自動ドアや電気錠システムなどとの組み合わせでは、 簡単に自動ドアや電気錠をIoT化することができます。

スマートフォンからの操作履歴で、誰がいつ操作したのかひと目でわかります。また、1利用者につき最大10個までのゲストキーをご利用いただけます。

naoはLTE通信でクラウドと接続するのでネットワーク工事が不要です。 取り付け後、すぐにご利用になれます。

操作した時や、「nao」の調子が悪い時(故障、停電、通信異常など)も管理人へメール通知されるため365日安心してご利用いただけます。

価格に関しましては個別お見積りいたします。
IoTや製品に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。