地震発生時の被災度をリアルタイムに把握するBCP対策

地震発生時の建物の健全性をリアルタイムに分析して、被害状況の把握と迅速な対応を行うシステム「ユレかんち」。ビルや施設を中心に、日本全国の各所に設置されています。

戸田建設株式会社様

地震時にピンポイントで状況把握、BCP対策。

近年、大規模な地震災害が発生しており、ビルや施設などの建造物への影響が懸念されています。医療福祉施設をはじめ、教育施設、物流施設、工場、集合住宅、都市・交通インフラなど、地震発生時の迅速な対応とその被害状況の把握は大きな課題となっていました。この課題に対応するため、地震発生時の建物の震度と建物の健全性を計測し、管理者に通知できる地震モニタリングシステム「ユレかんち」を戸田建設株式会社と共同開発しました。


■地震発生時に現場への駆けつけ不要で正確な判断
気象庁が発表するエリアの震度ではなく、建物が実際に受けた震度を正確に把握し、その建物の健全性、被害状況を把握したい、実際に建物内の被害として、天井や壁の崩落、窓ガラスの破損、物の落下など、どういった状況が発生しているのかを即座に確認したいという要望もありました。「ユレかんち」は、建物に取り付けておくことで、その場所の震度をピンポイントで計測します。

また建物の健全性も計測する仕組みを構築しており、継続利用の可否を判断できます。リモートから現場の写真を撮影し送信することもでき、地震があった場合は、アラート設定の条件に応じて管理者のパソコンやスマートフォンに通知します。現場にかけつけなくても災害状況を把握できるため、初期対応のコストが大幅に削減され、対応の速度も向上しました。

ユレかんちは、シンプルな計測器で取り付けもその後のメンテナンスも簡易です。コストが安価なため、ビルのフロアごとに設置してフロアによる震度の差を把握することも可能です。

■様々なビル、施設に設置
ユレかんちは、戸田建設が建設するビルや施設を中心に、日本全国に設置されています。

価格に関しましては個別お見積りいたします。
IoTや製品に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。