PRO-CUBE

2017.8 -

プログラミング教育の1歩先へ!すこぶる実践的な電子工作教材「PRO-CUBE」

子供が作って日常生活で役立つ、IoTマイコン教材「PRO-CUBE」、自分で作っておウチで使える、遊びの枠を超えた、実践型の電子工作教材です。「PRO-CUBE」を利用することで、さまざまなセンサー類を持つ教育系マイコンボード(micro:bit)をインターネットに接続し、クラウド上のさまざまな機能を利用することができます。

具体的には、パソコン画面上のブロックをつなげてプログラミングすることで、「帰宅センサー」「天気モニター」「地震センサー」「照明モニター」など、自宅で役立つものを作ることができます。

本体内にLTEモジュールを搭載しており、場所を選ばずどこでも使用することが可能です。

ITの魅力やモノづくりの楽しさを伝えたい

開発の背景としては、「子ども達に身近なモノでIoTの醍醐味を学んでほしい」という思いがあります。日頃、多くの子ども達にプログラミングを教える際、中には子どもがゲームをすることに懐疑的な保護者の方もいらっしゃいます。実際にプログラミングは、ゲーム以外にも、たくさんの役立つモノを作ることができます。そこで、日常でよく起きる「ちょっと便利な生活」を想定し、子ども達に限らず、保護者の方々にもITの魅力やモノづくりの楽しさを発見してもらえるような製品を目指しました。

子供が帰宅すると、パパママのLINEに通知するデモの様子です。

「PRO-CUBE」にはLTEモジュールが搭載されており、プログラミングした「Micro:bit」基板を挿すだけで、インターネットに接続することができます。

画面のブロックをつなげてプログラミングを学ぶことが可能です。

「PRO-CUBE」の活用は、プログラミングで「生活が変わる」ことを実感できます。

8月5-6日に開催された「Maker Faire Tokyo2017」出展時の様子です。

Producer:PROKIDS INC.
Planning / Development:BUNNYHOP INC.

お問い合わせはこちら

ALL PROJECTS