青梅リバーサイドパーク

2018.10

IoTでキャッシュレス化、ゴルフ場で導入

IoT化で現金を用いずに、スマートフォンでゴルフ場およびゴルフ練習場を予約・利用できる仕組みを提供しました。スマートフォンからプレー日時を予約するとQRコードが送信され、予約当日にQRコードをかざして施設利用できます。

既存設備のIoT化で、スマート化&省力化

入退場ゲートやゴルフボール貸出機などの既存設備をIoT化し、クラウド上の予約・決済システムと連動することで、設備の自動化とキャッシュレス化を実現しています。

スマートフォンからプレー日時を予約すると、QRコードが送信されます。予約当日にQRコードをかざして施設利用できる仕組みです。

ゴルフコース利用は、予約時間にQRコードをかざしてゲートにIN。

ゴルフ練習場では、既存のボール貸出機をIoT化。QRコードをかざすとゴルフボールが排出されます。

QRコード以外にも、クレジットカード利用も可能でキャッシュレスで練習場を利用できます。

バニーホップによる「QR&クレジットカードデバイス」は、既存設備のIoT化で、キャッシュレス端末にグレードアップさせます。

価格に関しましては個別お見積りいたします。
IoTや製品に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。