クラウドサービス利用規約

株式会社バニーホップ(以下「当社」)は、当社がアプリケーション・サービス・プロバイダーとして当社の製品を利用したクラウドサービス(以下「本サービス」)を提供するための条件を以下の通り定めます。お客様が本サービスを利用した場合、別途、当社と書面による特段の定めがない限り、本クラウドサービス利用規約(以下「本規約」)に同意したものとみなします。

第1条(利用規約の適用)

  1. 本規約は、第2条に定める会員が本サービスを利用するにあたり必要な条件を定めることを目的とします。
  2. 契約者は、クラウドサービスの利用にあたり本規約を遵守するものとします。
  3. 当社が提供する特定のクラウドサービスには、本規約記載の条件に加えて、特則が適用されることがあります。特則は、当該特定のクラウドサービスのみに適用されるものであり、他のクラウドサービスには適用されません。特則の内容は、本規約と一体として解釈されるものであり、特則と本規約に不一致のあるときには、特則が優先して適用されるものとします。

第2条(定義)

本規約における用語の定義は、以下のとおりとします。

  1. 「会員」とは、本サービスの契約申込者をいいます。なお、お客様は、法人または個人のいずれも可能です。
  2. 「本契約」とは、本規約の条件に基づき、当社とお客様との間で成立した契約をいいます。
  3. 「通知」とは、書面、電子メール等、記録が残る形式で行われる連絡をいいます。
  4. 「利用料金」とは、本サービスを利用するために、当社に支払われる金銭的対価をいいます。
  5. 「利用ライセンス」とは、本サービスを利用する権利をいいます。

第3条 (ライセンスの許諾およびサポート)

  1. 本契約は、下記により成立するものとします。
  • (1) Web申込形式(当社Webサイトから本規約への「同意」ボタンをクリックする形式)の場合は、「同意」ボタンをクリックした時
  • (2) 書面申込形式(利用申込書を提出する形式)の場合は、当社が申込書受領後5営業日以内に何らの異議を申し出ない時。なお、利用申込書に対する申込請書の発行は省略します。
  1. 当社は、お客様に対して、本規約および当社Webサイト記載の本サービスに関する注意事項を遵守することを条件として、本サービスの利用ライセンスを付与するものとします。
  2. 利用ライセンスは、非独占的かつ譲渡不能であり、本規約により明確に許諾れた以外のすべての権利は、当社に留保されるものとします。
  3. 利用ライセンスは、本契約が終了するまでの間、有効に存続するものとします。
  4. 本サービスの試使用が可能である場合には、お客様は、別途、「クラウドサービス利用規約(試使用版)」に基づき、本サービスの試使用を申し込むものとします。

第4条 (アカウント管理)

  1. 当社は、本契約成立後、5営業日以内にお客様が本サービスを利用開始できるように、必要となるIDおよびパスワード等を含むログインアカウント(以下「アカウント」)を発行または設定するものとします。
  2. 管理者アカウントをクラウド1契約につき1アカウントの付与とし、複数人で共有して利用したり、貸与や譲渡をしないものとします。利用者数の増加その他の理由により追加のアカウントが必要になった場合、お客様は当社に対して、その追加分にかかる利用申込みを行うものとします。
  3. アカウントの使用および保管は、お客様が自らの責任の元で管理するものとし、それらの使用・貸与・譲渡・紛失・漏洩およびそれに伴う損害について、当社は責任を負わないものとします。

第5条 (退会処理)

  1. 会員が本サービスの利用停止を希望する場合は、ユーザから当社宛に退会申出の連絡をすることで当社で退会手続きを行います。
  2. 退会を行った場合、会員の情報は適切に削除致します。

第6条 (利用登録取消・停止)

  1. 会員に以下のいずれかに該当する事由が生じた場合、当社は、会員の承諾なしに、登録データの凍結、利用登録の取消又は停止を行うことができるものとします。
  • (1)本規約の各条項に1つでも違反した場合。
  • (2)過去に規約違反等により、当社が提供する本サービスの利用資格を取り消されたことがあることが判明した場合。
  • (3)暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等の反社会的勢力(以下、「反社会的勢力」といいます)である場合、または資金提供その他を通じて反社会的勢力の維持、運営、経営に協力する等、会員が反社会的勢力との関与がある場合、あるいはそれらが合理的に判断できる場合。
  • (4)破産、会社更生手続開始、特別清算開始状態になった場合。
  • (5)民事再生手続開始の申立てを受けた、又は会員自身が申し立てた場合。
  • (6)法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合。
  • (7)その他、当社が利用継続に不適格と認める事由が生じた場合。
  1. 会員の利用登録が取り消された場合は、会員の利用登録情報等は、当社にて削除をする場合がございます。

第7条 (有効期間)

本サービスの利用期間は1年(以下「最低利用期間」といいます)とし、契約期間の満了時に自動的に更新され、会員が第4条に定める手続きに従い退会するまで有効とします。

第8条 (サービス料金・お支払い)

  1. 本サービスの利用料金は当社が別途定める料金表に記載の料金を適用します。
  2. 本サービスの利用に必要な通信費・通信機器代金等はすべて会員の負担と致します。
  3. 本サービス料金のお支払については当社から請求書を作成・発行しますので請求書に記載された期日までにお支払いただきます。支払方法は当社指定の銀行口座への振込とし、振込手数料は会員が負担することとします。
  4. 本サービス料金について支払期日を経過してもお支払がない場合には、年14.6%の割合で計算した遅延利息を当社にお支払いただく必要があります。また支払期日を経過してもお支払がない場合に当該会員の利用を停止する場合がございますので、ご注意ください。
  5. 会員は、本サービスを退会する場合、既に生じた本サービス料金については第3項に定める方法で支払うものとし、退会時点における本サービスの利用期間が最低利用期間に満たない場合は、最低利用期間までの料金を一括で支払うものとします。また、既に当社に支払った利用料金については最低利用期間の経過にかかわらず当社に対して払戻しなどの請求は一切行うことはできないものとし、当社は、既に支払い済みの利用料金に関して、日割り計算による払い戻しは一切行わないものとします(※)。

(※)例えば、6ヶ月利用した時点で会員が退会した場合、既に1年分の費用を先にお支払いいただいている場合であっても、残存期間6ヶ月分相当の利用料金を返金することはありませんのでご注意ください。

第9条 サービスの中断・停止

当社は、以下の事由のいずれかに該当する場合には、会員への事前の連絡、通知、予告無しに、本サービスの利用の全部又は一部を中断又は停止する場合があります。なお、本条に基づく中断により、会員が損害を被ったとしても、当社は何ら責任を負わないものとします。

  • (1)天災、停電等又は回線障害等によりシステムに障害・機能不全が発生した場合
  • (2)システム、機器等の保守又はメンテナンスを行う必要がある場合
  • (3)戦争、暴動、騒乱、などにより本サービスの提供ができなくなった場合
  • (4)その他、運用上、技術上、本サービスの利用を中断又は停止する必要があると当社が判断した場合

第10条 (知的財産権等)

本サービスに用いられているシステムの知的財産権等(※)は、当社に属します。

(※)特許権・実用新案権・意匠権(これらの登録を受ける権利を含む。)・著作権・商標権・不正競争防止法上の権利、その他一切の財産的若しくは人格的権利

第11条 (禁止事項)

会員は、本サービスを利用するにあたり以下の各号に該当する行為を行ってはならないものとします。会員が本規約の規定に違反したことにより、当社が損害を被った場合には、会員はかかる損害を賠償する責を負うものとします。

  • (1)サービスの運営を妨げる行為その他本サービスに支障をきたす行為又はそのおそれのある行為。
  • (2)他人名義又は虚偽のIDを使用して本サービスを利用する行為。
  • (3)利用者が大量に複数アカウントを作成する行為。
  • (4)大量のリクエストを本サービスに対して発行し、システムに対する負荷をかける行為。
  • (5)他の会員、第三者もしくは当社に迷惑、不利益もしくは損害を与える行為、又はそのおそれのある行為。
  • (6)他の会員、第三者もしくは当社の著作権その他の知的財産権、プライバシーその他の権利を侵害する行為、又はそのおそれのある行為。
  • (7)当社もしくは本サービスの名誉を損なう行為、またはそのおそれのある行為。
  • (8)当社に対して虚偽の届け出をする行為。
  • (9)本サービスの利用による契約上の地位を第三者に譲渡する行為。
  • (10)犯罪実行の手段として利用するなど、犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、又はそのおそれのある行為。
  • (11)公序良俗に反する行為その他法令に違反する行為、又はそのおそれのある行為。
  • (12)本サービスをリバースエンジニアリング、逆コンパイル、その他本サービスを解析する行為。
  • (13)その他、当社が不適切と認める行為。

第12条 (免責事項)

  1. 本サービスを利用した結果発生した会員の事故・損害については当社は責任を負わないものとします。
  2. 第4条に規定する「利用登録取消・停止」によって発生した会員の不利益・事故・損害について当社は責任を負わないものとします。
  3. 第7条に規定する「サービスの中断・停止」によって発生した会員の不利益・事故・損害について当社は責任を負わないものとします。
  4. 第11条に規定する「規約・サービス改定」によって発生した会員の不利益・事故・損害について当社は責任を負わないものとします。
  5. 第12条に規定する「サービス廃止」によって発生した会員の不利益・事故・損害について当社は責任を負わないものとします。
  6. お客様のログイン情報(メールアドレス・パスワード)が第三者に使用されたことによって発生した会員の不利益・事故・損害について当社は責任を負わないものとします。

第13条 (規約・サービス改定)

  1. 当社は、本規約および本サービスを変更することがあります。
  2. 本規約の変更内容は、本契約の更新時より適用されるものとします。
  3. 本サービスの変更内容は、本サービスの変更時より適用されるものとします。
  4. 本規約および本サービスを変更する場合、当社は、会員に対し、原則として当社Webサイトにて事前にその内容について通知します。会員は定期的に当社Webサイトにて、本規約および本サービスの変更の有無を確認するものとします。

第14条 (サービスの廃止)

  1. 当社は、やむをえない事由が発生した場合には、本サービスの提供を廃止する場合があります。
  2. 本サービスを廃止する場合には、ウェブサイト上での告知、その他適宜の方法により会員に事前に通知致します。ただし、緊急の場合には、事前に通知なく本サービス廃止をする場合があります。

第15条 (個人情報の取り扱い)

  1. 本サービスにかかる個人情報の取扱については、右記に記載しております。 https://www.bunnyhop.jp/privacy/
  2. 会員は、会員情報のうち本サービスの利用申込み時に届出た情報に変更があった場合、当社所定の方法に従い速やかに弊社に対し当該変更の届出または変更後の情報を登録をするものとします。なお、当該届出または登録がなされなかったことで、会員への通知の不達等の不利益を被ったとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第16条 (秘密保持)

  1. 会員および当社は、本サービスの申込・利用にあたって知り得た相手方の業務上、技術上、その他一切の秘密情報を、相手方の書面による事前の承認なく公表、第三者への開示、複製、譲渡、貸与しないものとします。
  2. 前項の規定は、次の各号に該当する情報については適用しないものとします。
  • (1)相手方から知得したとき、すでに自ら所有していた情報
  • (2)相手方から知得したとき、すでに公知であった情報
  • (3)相手方から知得したのちに、自らの責に帰すべき事由によらずに公知となった情報
  • (4)正当な権限を有する第三者から守秘義務を伴わずに合法的に知得した情報
  1. 前各号の規定にかかわらず、監督官庁、官公署から法令に基づく開示請求を受けた際には、事前に相手方に通知したうえで、相手方の情報を開示できるものとします。ただし、緊急を止む得ない場合には、相手方に事後に通知を行うことで開示できるものとし、事前の通知を省略することができるものとします。
  2. 会員および当社は秘密情報を本サービスを遂行するために必要のある役員または従業員にのみ開示するものとし、当該役員または従業員等に対し秘密保持義務を課す等の措置をとるものとする。
  3. 会員および当社は相手方の事前の書面による承諾を得たうえで、第三者に対して必要な範囲で秘密情報を開示することができるものとします。ただし、この場合第三者に開示する会員および当社は、本契約において自らが負うものと同様の義務を当該第三者に負わせるものとし、当該第三者の義務違反について全責任を負うものとします。
  4. 会員および当社は相手方から提供された秘密情報について、本契約終了後または合理的な理由に基づいて相手方から要求がある場合には直ちに返還し、その複製物がある場合には直ちに破棄するものとします。
  5. 本条の定めは本サービス利用契約終了後も3年間有効に存続するものとします。

第17条 (ハイセイフティ用途)

契約者は、クラウドサービスが、一般事務用、パーソナル用、家庭用、通常の産業用等の一般的用途を想定して実施されているものであり、原子力施設における核反応制御、航空機自動飛行制御、航空交通管制、大量輸送システムにおける運行制御、生命維持のための医療用機器、兵器システムにおけるミサイル発射制御など、極めて高度な安全性が要求され、仮に当該安全性が確保されない場合、直接生命・身体に対する重大な危険性を伴う用途(以下「ハイセイフティ用途」という)に使用されるよう実施されているものではないことを確認します。契約者は、当該ハイセイフティ用途に要する安全性を確保する措置を施すことなく、クラウドサービスをハイセイフティ用途に使用しないものとします。また、契約者がハイセイフティ用途にクラウドサービスを使用したことにより発生する、契約者または第三者からのいかなる請求または損害賠償に対しても当社は責任を負わないものとします。

第18条 (サポート・お問い合わせ)

  1. お問い合わせ窓口/対応時間は以下のとおりと致します。
  • 【お問い合わせ窓口】メールアドレス info@bunnyhop.jp
  • 【対応時間】月〜金 11:00-18:00(土曜日・日曜日・祝日はお問い合わせ・サポート対象外と致します。)
  1. 会員から当社への連絡は、上記メールアドレスまたはフォームからのみとし、当社は、上記以外の手段からの連絡については、対応しないものとします。

第19条 (協議)

本サービスに関して会員と当社との間で問題が生じた場合、会員と当社は誠意をもって協議し、その解決に努めるものと致します。

第20条 (分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第20条 (準拠法)

本規約に関する準拠法は、「日本法」と致します。

第21条 (合意管轄裁判所)

本サービスにかかる一切の紛争は「東京地方裁判所」を専属的合意管轄裁判所と致します。

以上

2020年6月1日制定