特徴

①外部システムとIoTデバイス連携

JET IoTは、WebAPIやWebhookといったWebアプリケーション接続インタフェースを用意しており外部システムからのデバイス制御を容易に可能にします。

②デバイス・クラウド間のVPN通信

JET IoTとデバイスの間はVPN(Virtual Private Network)通信で暗号化されます。HTTPSポート(443)を使用するので、デバイスが社内LAN内にあっても、ネットワーク設定不要で利用できます。

③クラウドから強制ファームウェアアップデート

デバイスのファームウェアバージョンは、JET IoTで管理されており、特定バージョンのファームウェアを強制配付できます。

④デバイス通信状態記録

JET IoTに登録されたデバイスに対しての通信状態(接続/切断)を記録しています。


サービス資料


プラン

ライトスタンダードエンタープライズ
制限最大接続デバイス数10台まで100台まで無制限
メッセージ数 (*)1万件/日10万件/日無制限
機能デバイス通信API
強制ファームアップデート
セッションログ
技術サポートメール対応(一次回答24時間以内)

別途、関連デバイスのご購入が必要です。

(*) メッセージの料金は4KB単位で計算されます。例えば10KBのデータを送信すると3メッセージ分使用したことになります。


関連デバイス